イマドキの運動会

  昨日の夕方、近所のKちゃん(小2)が「Gちゃんが作った」ってゴボウを届けにきてくれて「あした運動会なの、わたしは赤組!ダンスのボンボンはみどり色!見に来てね!」

小学校は近いンで「うん、行くよ♪」「ゼッタイだよ!」「はいはい💦」

と約束はしたものの…腰痛持ちには立ち見はきついな。

で、きょう、行ってみると『敬老席』ってのがあるがGGBBで満席。

ゼッタイ私より若いと思われるYBBも陣取っている。

こんなときにこそ高齢BB風吹かせてみるが、完璧に無視される。

運よく見知らぬGさんが「ここ空いてるよ風」に手を振って隣の席を指さしてくれて、しばらく親切Gさんの横でKちゃんを応援していた。

帰ろうと席をたつと、グランドの周りは……難民キャンプ村か!?と見紛うほどだ。

数センチの隙間もないほどギッチギチにテントが張られているし。

にわか雨or日よけ対策か。

折り畳みイス&テーブルは腰痛対策か…。

いやいや非難するつもりはまったくない。

昔と違って今は便利なものが揃ってるから、学校側から禁止されてなきゃいいんじゃネ!

 

わたしは一日3回背骨の血管を広げる薬を飲んでいるが、昼食後がいつも忘れるンで、ケータイに一粒貼り付けておくの。

スマホのケースの内側はほとんど『メモ帳』状態…。

各種パスワード、ID、メールアドレスなどなど

書くところがなくなって裏に書いた。

太い黒マジックで 5126

オモテに貼った薬が恥ずかしいので裏に伏せておくと、この5126がヒトに触れる。

で 「え?なにコレ?暗証番号ぉぉ?」って訊かれるンで

「うん!すぐに忘れるンでネ」って言うの。

ホントは自転車の輪ッかの鍵番号

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です