私って…私って

汗まみれで卓球から帰ってくると、オット君が待ちかねたように窓から顔を出して

「おふくろが倒れたンだってサ!救急病院に運ばれたけど意識もなくてかなりヤバい状態らしい…今から新潟に行くぞ!」

汗まみれのまま支度を始めるが、オット君の慌てぶりは、もはやパニック状態!

「オレの礼服はどこッ?どこ捜してもないんだけどッ!」

「え?礼服 要るの?」

「要るだろッ!万一ってことあるしッ!(苛々)」

こーゆー時はテがつけられン!なんせテキはパニック中なんだから。

ときどきあるんですよ。

しかし私は数年前に義弟が亡くなった時のことを思い出して

(落ち着いて、忘れ物がないようにバッグに詰めることを考えていた…アホは無視して)

「あった!(礼服)」 ッるっせ~~!

なにが原因であんな高潔なばーちゃんから、こんなク◯なセガレばっかり生まれたンだろ?って、い~っつも思う!

老夫婦の不穏な空気をのせて夕方5時、出発

病院に着いたのは11時を回っていた。

大好きなばーちゃんは腕や鼻にチューブ、酸素吸入のマスクもつけられ大きく息をしていた。

呼び掛けているうちに、熱く息苦しいモノがこみあげてきた。

オット君は「おふくろの最期はオレが看取る」つって、簡易ベッドに泊まるそうで

弟嫁と私、嫁セガレの車でばーちゃんチに帰る。

翌日は3番目の義弟がやってきたので、『看取る』のを弟に譲ってオット君も家に帰る。

医者からは、

「このままです。歩いて帰れることはありません。話せることも意識が戻ることもありません。」

翌日も変化なし

次の日も同じ

マスクを外された。

大好きなお義母さんなのに、私の中で

(いつ死ぬンだろ?まだなのか?…早く死ねばいいのに)という考えが何度も何度もよぎる…そのたびに自分がイヤになる…そしてまた(早く死なないかな)…のくりかえし

そして 『1週間 様子をみる』 結論が出た。

このままで、回復はしないがすぐに亡くなることもなさそう

そして『終末医療ではなく 『看取る?』病院に転院することに収まった。

 

スーツケースに洗面道具や礼服を詰めたままにしとこうかな =3

 

 

 

私って…私って」への9件のフィードバック

  1. 介護1のばー様こと 私の母は
    「こんなに ながいきして 早く死にたい」
    「こんなに 人の世話になるんじゃ 早くしにたい」が口癖です
    先日は
    「こんなに 足が痛いんじゃ~ 死んじゃう」と助けを求めてきました
    とりあえず 職員に湿布を貼っていただきました
    助けを求めなくてもよいのにと思う親不孝な娘です

    1. kero
      私の祖母もそうでした(笑)
      「早く死にたい…お父さんとこに行きたい。」と、二言目には言ってました。
      「ンじゃ、医者に連れてかないからね。行ったら長生きしてしまうからね。」
      「アンタは意地悪だ」って泣いてました(笑)
      そんな祖母に「お婆さんのお葬式には私がお経をあげてやるからね。」って言ったら
      「ホント♪うれしい♪」って喜んでいました。
      ちゃんと聞こえたんだろか…お坊さんに合わせて読経したんだけど

  2.  「いつ死ぬんやろ?」確かに思ってまうわ。口には出さんけど絶対に思うわ。だって、後の事を考えにゃいかんじゃんねぇ?金持ちなら治療代は気にならんかも知れんけど、ビンボー人はやっぱり金も心配になるし。はい、どーせヒトデナシの薄情モンですから。

    1. 蛮ちゃん、
      『延命治療』を望まない…的なことを主治医に言ったデス。
      オット君は「(母は)竹を割ったような性格で、こんな沢山の管をつけられて生きてくのは本意ではないと思う」と…。
      ま、その一言で延命治療拒否ってことになったのですが
      私も考えちゃったデス。
      一命は取り留めたものの、いつまでたっても呼吸は止まらない…
      しかし、呼び掛けても応答なし…ひたすら息してるだけ
      って、どれだけ大事に思ってもらっても「死ぬのを待たせる」のはイヤです。
      義母だって、まさか自分がこんな状態なんて知らないでしょうし(笑)
      オット君と、アッチ嫁とふたりでおばあちゃんの『財産探し』していました(^^;)

  3. 姑の介護で 色んな事を考えちゃった 私
    そんな自分を責めてました
    でも 心療内科の医師に言われました
    「考えることは自由です」って
    私はその言葉に ずいぶん救われました

    1. ヌゥさん
      ヌゥさんは十分以上に頑張りましたよね。
      「がんばれ」って、ヒトは簡単に言うけど、言われた方は重いプレッシャーですよね。
      「きょうの残業、がんばれ」「期末テスト、がんばれ」ぐらいなら聞き流せるけど
      病気治療の患者さんどころか、新米ママにでさえプレッシャーになるかも
      ※私、育児ノイローゼの一歩手前でしたワ。

  4.  自分が寝た切りで意識も無い状態になり、回復の見込みが無いのなら延命治療は止めて欲しい。日本では人工心肺装置などを取り付けて、無理矢理生かしている場合もあるようだが、外国のように法律で延命治療を止めさせるようにすべき。それは、治療中断か継続かの判断を迫られる家族や関係者の、精神的負担(罪悪感)や経済的負担、肉体的負担から救うことにもなると思う。植物状態の人間までカウントした「長寿世界一」に何の意味がある?

  5. 蛮ちゃん
    「漢字の多い」高尚な文脈、論調に畏れ入って固まっています。
    ご意見にハゲシク同感しています…が、「令和」では議論にさえならないでしょうね。
    次の時代に動く…か
    >植物状態の人間までカウントした「長寿世界一」に…
    そうです!そう思います!
    主治医に訊いたンです。「先生のお身内の場合はどうされますか?」
    (延命治療)
    そしたら
    「私なら全力で永らえさせます!」だって =3
    訊いた私がアホだった

  6.  医者がアホだ。まあ、商売だと考えれば分からんではないが。日本は倫理!倫理!と鈴虫みたいに騒ぐから、延命治療の中断や臓器移植が進まないんだわ。高度医療云々言いながら、患者がないがしろにされているような気がしてならん。医療関係の利権が絡んで居るんだろうな。長く患わせて、医療費を出来るだけ沢山支払わせるとか。その企みを隠す為に医療倫理を持ち出して、治療中断や臓器移の推進を妨害しているような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください