驚愕のいちきゅっぱ

先週のおはなしデス。

いつものスーパーに行くと、魚売り場で数人の買い物客が顎に手を当てたりしてヒソヒソ話をしていた。彼らの視線の先を辿ると

130センチ超えのシイラが大きな桶の中に数本…下を向いたり上を向いたりして売られていた。

その代金はなんと

198円!!

どう見ても198円!!消費税込213円

どうやら客達はこの金額に動揺しているらしい。

そりゃそうだ。ケースの中の「切り身」は3切れで213円なんだから!

これ…もしかして書き間違いか!

そうなら気づかない今のうちに買っちゃおじゃないか♪

とりあえず3枚におろしてもらってあとはテキトーに切り分けて…ご近所に配ろじゃないか♪

ガラスの向こうの魚やさんに持って行こう…うッ…重たいッ“持ち上がらない…見かねた誰かが魚や兄さんに声をかけてくれたらしく、白い防水前掛けをガバガバ言わせて走ってきた。

「これ3枚におろして、あとは4つぐらいに切ってください。」

というと、

「あ、私も」

「私も」

「はい…あれ?これ…(焦)値段、間違ってるなァ…1980円だからッ!おーい誰かァこれすぐ書き換えてェ!」

 

「安いから買うのに…」と私

「ダメだヨ!ダメ!!ダメ!」

「じゃ、いらない!」

「私もいらない」

「私もいらない。」

魚や兄さんは何事もなかったようにガラスの向こうに向かっていった。

ムッ

ゴッラァァァ!なんだその態度はッ!

「すみませんでした」だろがッ!!え?

こちらの手違いでした(謝)だろがッ!!

ま、特に食べたかったわけじゃないけど、なんか虫がおさまらない。

DSC_0065

驚愕のいちきゅっぱ」への2件のフィードバック

  1. ヌゥさん
    私もあまり食べていません・・・切り身を塩焼きにして食べたかな。
    私は生まれた時から海の子でして、物心がついた頃には《カツオの心臓》の蒸したのを好んで食べていました。
    モノがなかった頃だったからネ (汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください