指紋押捺

hanko待ち遠しかった連休最終日のきのう…

退屈すぎて家の中をイライラしぃしぃ歩き回るオット君…ついに

「どこか行きたいとこ、ねぇ?」

「言ったらゼッタイ行く?」

すると

「うん!」 うっそ~~、マジでぇ?

「〇ザワヤ (笑)」

「…わかった。」

買い物が終わってもまだお昼前 (^-^;

オット君、次はニュータウンに向かった。

そんなわけで、家に帰り着いたのは5時に近かった。

 

電話が鳴った! 受話器を取ったのはオット君

「…はい、そうです…はい、はい…はい…え~~~ッ!?…はい…わかりました。」

ふだんの横柄な受け答えとは大きく違って、神妙!

電話のヌシは M原警察だという。

このブログで有名になった盆倉ジジィがヒトサマの自転車をパクッて今、事情聴取の最中なンだと。

ンで、あと20分ぐらいで終わるから三文判を持って、引き取りにきてもらいたい。という=3

※↑溜息マークをつけたが、ネタの発生にちょっとワクワク♪うまくいけば留置場の中を見られるかもしれないしネ♪♪♪

 

警察の玄関前で電話をくれた〇藤さんが待っていてくれた。

のタイミングで盆倉が二階から降りてきて 「おぅ♪」 とホッとしたようなクソ笑顔を向けた。

手元を見たが手錠はなかった (笑)

〇藤さんが、A4の用紙を持ってきて、

「ここに (クリオネさんの)住所と電話番号、氏名を記入して印鑑を捺してください。」

記入を終えてハンコを捺そうとしたら、慌てた様子で

「シャチハタはダメなんです、消えちゃうから…すいません、言葉足らずでした、じゃ拇印で…」

するとオット君が 「おッ!拇印か…警察で拇印か… (笑)」

二人の警察官が同時に

「ダイジョウブですッ!ダイジョウブですから (^-^; (^-^; 」

なにがダイジョウブなの

差し出されたのは、よく使う赤い朱肉と、黒い平らな直径3㎝ぐらいのスタンプ台を小さくしたものが並んでいる平たい箱。

「この黒いほうの…はい…左手の人差し指で…。」

言われたまま、指さされた箇所に押捺。

わたしの指紋が驚くほど鮮明に表れた!!

なんか、言いようのないイヤ~~な感情が…胸の中が灰色のスモッグに支配された。そんなカンジ、人生初体験。

 

引き取った盆倉を送ってく車ン中で、オット君と交互に説教するが、ジジィは

「半年以上も放っとかれてた自転車だよ!」と、タイホされたことが、どうしても納得いかないようで、話がかみ合わない。

「今の時代、自分で買ったもの以外自分のものにしちゃいけないの!」

「………。」

 

盆倉は、もう一度M原警察に出頭しなくちゃいけないらしい。

そういわれて 「オレぁこんな遠くまでこれないから、(警察のほうから)迎えにきてもらわない来れねぇヨ。」

で、今週、盆倉のボットンアパートに送迎パトカーが現れるンだ♪

 

指紋押捺」への2件のフィードバック

  1. ちょっとした事件でしたね
    これからも面白そうな(すみません)話題が聞けそう!

    警察で母音って、指紋取られてる気持ですよね

    中学校の時に全員指紋取られたことがあったけど、あれって何故だろう??
    今になっても分かりません

    それにしてもお迎えパトカーって凄い!

  2. 大木さん
    盆倉を警察まで《回収》に行かなきゃならないことにオット君はウンザリしていたけど、私は警察に行くことにちょっとワクワク♪
    盆倉は、ネタをくれるンでまだまだ元気でいてほしいです♪♪♪

    >お迎えパトカーって
    スゴイよね。こんなク○市民に税金を投入しちゃ申し訳ないデス。
    「何時まででも待ってるから、歩いてこい!」って言っていいのに(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。