カテゴリー別アーカイブ: 日々の雑感

オトーさん用

鼻の下の口唇ヘルペスはカサブタ状態

ティッシュやキッチンペーパーを買いに某ドラッグチェーン店に行く。

オット君が 「オレの乾燥肌用のクリームも買って。」 というので…OK

カゴを持ってマツキ〇に入ると…あらららオット君が先にハンドクリーム売り場にしゃがんで物色していた。

自分で選ぶのか……選べるモンなら選んでみな ( ˘ω˘)

正露丸以外のあらゆる物を自分で選んだことがないヤツが

決められない (笑)

560円から1800円ぐらいのものまで、たくさんある。

決めかねて、ここで働くポンタの幼稚園ママ友達に訊いた。

すると 「これ…ムスメが使ってていい♩って言ってたよ。」 という

無言のままオット君は1600円のクリームを手に取り、ながめて…頷いた。

そしてそれをカゴに入れた。そしてカレは店を出、駐車場に向かった。

立ち尽くす私にママ友が

「あれで (1600円クリーム) よかった? ムスメが使ってるヤツだよ。オトーさんのならコッチ (560円) でよかったんじゃない?」と、わざわざ安い方を持ってきてくれた。

大きく動揺する私

「コッチにしなヨ。もったいないジャン…オトーさんのなのに~。」

 

そーだよ、オトーさんのに1600円のクリームはゼッタイ高い!

が、しかし…オット君は1600円のクリームをジーっと見たんだよ。

パッケージを記憶しちゃったんだよ ( ノД`)

 

えぇ~~い!買ってやるよ、1600円のクリーム はぁ (落)

風邪ひいた

風邪をひいた。

『寒暖差アレルギー』 と思っていたら、少しづつ熱が出てきて38度3分まで上がった。

前回の風邪の時はオット君が 『お風呂に入れ!』って何度も言うンで、熱があるンだけど…と言っても聞く耳もたず 『お風呂』 『お風呂』 を繰り返すンで諦めて入ったが、今度はぜ~~ったい入らんッ!

空気が伝わったか、なにも言わない (;^ω^)

早めに布団に入り…よく寝た ♪

というと、「へぇ~、あんなに夜中咳していたのに」

熱も下がって気分は上々…と言いたいところだが、今度は首のうしろにぷっくり…こぶができた。

ほら、首の後ろにこぶをこさえてるGGがいるジャン。あれ

午後になって一段と大きくなった。 涙

これが痒い (‘Д’)”?

朝、後ろのこぶは引っ込んで、首の横に500円玉ほどの大きさの赤いふくらみ。

痒い! ジンマシンだ (泣)

鼻の下にも…いや違う! 鼻の下は 口唇ヘルペス (号泣)

声は出ない、鼻の下は小さな水膨れがいっぱい、首には痒いキスマーク

 

何を思ったか、オット君が台所の掃除を始めた。

黒カビだらけの北側の窓を歯ブラシで磨いてた。 ありがたい

ありがたいヨ!ありがたい…でもォ

いちいち 「これ、要るの?」 「これはナニ?」 とか訊かれるたびに返事をするのがキツイんだよ。

しかも訊かれたモノがじつにくだらないモノなのだが、それでも捨てられないモノ…。

キレイにたたんだレジ袋とか (;’∀’)

数十年も前に買って1~2度しか使ったことがない 「鉄たまご」 とか

なんのためにあるのか、今ではわからない未使用の網のカゴとか

はいはい、捨てます。今度の不燃ごみの日に

 

 

ババアリス

布団に入って寝返りするとき、掛布団が貼りついてくる感じがイヤで…これ私にとって結構ストレスなんですよ。

で、某Sシール (通販)のカタログで見つけたピンクのサテン素材で、『不思議の国のアリス』 模様…。

どうみても10代~20代前半のオジョーさん用っぽいのだが、サテン地が気に入ったので速攻発注した。

届いた。

オット君に嗤われた。

寝てみた。

綿のパジャマよりはまだマシだが、つるつるしていても布団はやっぱりついてくるンだ。

布団カバーもサテンだったら…きっといいアンバイになるハズ!

で、ネット検索してみる…ないわけではないが、手で触ってみないでクリックなんかできない。

某デパートの寝具売り場に電話してみた。

「今は (在庫が) ないが、春先の花粉の季節に販売する予定」 というので、 「今欲しい」 というと、数日かかるが取り寄せは可能だという。

で、「入荷した」 との連絡を受けて買いに行った。

10800円だと!!

ダニやら花粉が付きにくくて…なんちゃらかんちゃら

ダニがついても花粉がついても構わない…もちょっと安いのがいいんだけど

そーだ!nanacoポイントが5000円ぐらいあるしィ某スーパーのポイントも5000円ぐらいあったハズ (^_-)-☆

これを遣えばオッケー♪

で、早速掛けてみた。

 

…そ それほど…でもない ( 一一)

という感想はオット君には言わないでおこう。

ニオって

某家電量販店で、最新IHコンロを見つけたンです。

想像していたよりも意外に安価だもんで、ちょっとだけほしくなったわけですが

冷静になってみると、今使っているコンロが壊れたわけでもなく、ただ…魚を焼く網が腐食したんで、買い替えようと電気店に行った…ってだけなんです。

しっかし、あの網…恐ろしく高いんです、8000円ぐらいするんです。

8000円が惜しくてンじゅー万円のIHコンロを買う気がしれません よネ。

いえネ、オット君がしつこく推すんですヨ。

どーしてそーシツコイのヨッ!?

と、言った瞬間、気が付きました!!

オット君は最近、ガスの 【消し忘れ】 が多いんです。

そーよ!ガスだけじゃなくトイレの手洗い水の 【止め忘れ】 もあるんです。

ガスなら、センサーが消してくれるけど、トイレの水はだぁ~れも止めてくれない。

外出から戻り、トイレに入ると水が流れてる…って、ゾッとしない?

あら、話がそれちゃったね、そーです、オット君はオノレのためにIHコンロを買いたがっているんです。

ま、私も高齢になり火の始末にモンダイが出てくる日もそー遠くないようなんで購入することにしました。

3つもコンロすべてIH対応だと、今の鍋をほとんど廃棄処分しなきゃならない…ってのももったいないンで、ひとつだけオールメタルってのに決めました。

 

最近、消臭剤のCMなんかで、 「ね、ニオってみて♪」 という言葉が気になってしかたがない。

あれって 「ね、嗅いでみて」 っていうンじゃないの?

「ニオイを嗅ぐ」 って表現はテレビ的にNGなわけ?

で、私はテレビに向かって 「ニオって…とか言うな!勝手に日本語を変えンな!嗅いでって言え!」 と注意する (;^ω^)

日曜のお昼は

大型で強い台風が近づいていて豪雨の中、近くの小学校に投票に行ってきたデス。

次回からは天候に関係なく 【期日前投票】 にするワ。

雨だもんでオット君やポンタが家にいる。 =3

迷惑ではないのだが…なんか…ね (;”∀”)

「お昼…なンにする?」 と訊くと 「カップ麺」

と仰るもんで、夕飯の買い物ついでに

【日清 麺職人(柚子しお)】 などのカップ麺を買ってきた。

私が若かったらきっと写真を撮ってSNSに投稿するところなのだろが…興味がない、やりかたがわからない (笑)

しかも 【インスタ映え】 ってのに拘る?性分ではないし

しかも、アップを狙っているのは 【カップ麺】 だし(笑)

この麺職人 (柚子しお味) が実においしいのよ♪

お昼にカップ麺一個じゃ足りないとこだけど、暇つぶしに…というか、最近焼き芋にハマっているオット君が焼いた安納芋の焼き芋一個を食べて、ちょうどいい腹塩梅。

…眠たくなってきた…。

少し昼寝をします (;^ω^)~ ではでは

 

ボラれたのか?

1日から3泊4日で北海道は余市方面のツアーに行ってきました。

※ 長文です。ごめんなさい

 

天気予報では行ってる間中【雨】の予報だったけど、ぎりぎり降られませんでした。私は【晴女】と確信しました。

なんにでも反対意見のオット君でさえ同意してんですから!!

さて、

当日、羽田行きのバスを待ってると80代婦人が 「どちらまで?」 とニコヤカに声をかけてきた。

「北海道です♪」 と応え 「どちらまで?」 と訊いてみた。

「私ィ、どこへ行くかわからないんですゥ~、羽田に行くってことはわかるンですが」

ほぉ~ミステリーツアーかい

すると、ムスメと思しき5~60代女性がお茶のペットボトルを抱えて老女の横に並んだ。

ムスメさんが母親を旅行に連れてくのか…。

羽田ではふたつの高校の修学旅行生と一緒…こんなに乗って離陸できるンかいッ!?って、はじめて心配した (笑)

北海道は千歳空港へ到着

まず、支笏湖見物! ここは20代はじめの 【さっぽろオリンピック】 を観に来た時と合わせて3度目。

こンときのチケットは、スカイメイト♪

ふと気が付くと、さっきM原のバス停にいた母娘がいるジャン (笑)

留寿都をスルーしニセコの町に入った。

街道沿いや駅前には数えきれない量の大小のカボチャがかわいらしくディスプレィされていた。

1泊目のホテルは ニセコ〇〇ビレッジ というイヤでも期待してしまう名前だが、入ってみるとボロボロ。

このホテルがH交通社の 【Aランクホテル】 だと ( ゚Д゚)

きっとスキー客がスキー靴のまま歩くからかもしれない。

温泉は…ちょっとザンネンな部類。これじゃ夕食も期待できンだろ…。

ホントに夕飯もザンネンだった。

 

2日目 出発は9時! この時間設定は高齢者には少し持て余す (笑)

この日は、大湯沼を通って、毛無峠を通って…そーそーこの時ガイドさんが毛無峠…って言った瞬間、前の席のハゲGGが思わず頭をツルンと撫でた。

積丹半島で食べた海鮮丼がこの旅で一番おいしい食事だった。 マジで

そのあと ニッカウヰスキー余市蒸留所見学

最後に試飲ができるのを承知で、ソムリエ?が勧める1杯1000円で30CCぐらいのウィスキーをオット君と半分ずつ飲んだ。

「いかがですか?芳醇な香りとのど越しは格別でしょ~~♪」 というが

ワカラン!

のど越しがキツイだけだ!ゼッテー氷や水を入れたらいけない空気だもんで…キビシかった。

しかも 「うん♪」 とか通ぶって相槌打つし…ソムリエ氏にはお見通しだネ。

この日の宿はマリオットグループの…

どうよ、「スゲー」 とか思うでしょ!?

たしかに建物も室内もステキだし広いンで文句はないのだが、リゾート客やら新婚カップル向けのいかにも若者向けな感じがBBの不安を呼ぶンだ。

まず、温泉施設が別棟ってのが第一の難関。

ただでさえ広い館内!エレベーターを降りたら、自分の部屋に戻れるか心配で後ろを振り向きながら歩く。

お風呂から出るとき浴衣を着用してはならない。

脱衣場に入ったら、羞恥心を少なくする設計なのか…すでに自分がどこにいるかわからなくなる…ヒジャブをつけたオネーさんが片言で教えてくれた。

お風呂から上がった時にも、どうかヒジャブねーさんがいてくれますよ~に。

落ち着かない思いでお風呂を出て…やっぱり迷子になった。

ヒジャブさんはいないが、「ここは3度目♪」 と自慢げな同年代BBが出口まで連れてってくれた。

北海道のホテルにはアジアのスタッフが大勢いる。用を頼んでもコトバが通じないし愛想笑いすらない。

もぉ~コリゴリ!! こんなホテルやだッ!

夕食

昨日のニセコのバイキングよりももっともっと最悪!

※ もうひとつ 「ごーじゃすバイキング」 ってのがあったが、ここにはビンボーツアー客及び、中&韓etcは立ち入り禁止な雰囲気。

白状するが、このツアーきっかり、ひとり10万円だよ。

3日目

この日はなんと…10時出発! すごくね? GGBBどころかドライバーさんも手持無沙汰でホイールやら、手の届く限りバスを磨いて磨いて…いた。

小樽のニシン御殿を見学し昼食…やっぱホテルの夕食、朝食が悲しすぎるので、冷めてカチカチの松花堂弁当でもきれいに平らげられた。

小樽からの新日本海フェリーで新潟港に向かう。

【デラックスルーム 6F】 が割り当てられたが、フツーのビジネスホテル並みの設計だ。

揺れとエンジン音が気になる。

夕食は…やっぱりカチカチに冷めたお弁当。

とっとと部屋に戻り、冷やしておいた缶ビールと乾きもののおつまみで胃の隙間を埋める。

大浴場に行ったらだ~~れもいなくて、ゆっくりジャグジーで温まり、露天風呂でリラックス♪

満天の星に見せられないがザンネンだったが、夜の日本海の風に飽満な裸身をさらした (笑)

 

新潟港に到着、新幹線の中でツアー会社のアンケート用紙を配られた。

不満タラタラ…。書いた書いた(^^♪ H交通社、少しは反省しろッ!!

 

キャンセル…とな?

今度の日曜日からオット君と北海道のナンタラツアーに行く予定。

※ツアーのタイトルが〇ソ長くて覚えきらン

 

朝、出勤途中のポンタからlineがきた! (む、いや~な予感)

※ 潰瘍性大腸炎持ちで定期的に検査治療中

#下血があったし、モドしたンでこのまま某病院に行く#

このことをオット君に伝えると、

「旅行…キャンセルするしかないか…?!」

はぁ? キャンセル~~~ゥ? 検査結果も出てないのにキャンセル!

ってか、キャンセル料どこから出すのよッ!!

違う違う、もともと旅行代金は私が貯めた 【年金】 だよ。

オット君の口車にまんまと引っかかった私が間抜けなんだワ。

キャンセルしようがキャンセル料が発生しようがオット君は痛くもかゆくもないんだワ。

「結果を訊いてからでも遅くないでしょ!どっちみち30%は引かれてしまうんだから」

言ってるうちに沸点到達!

どーしてこーいッちいちヒトの気持ちを逆撫でしてくれるンだろ。

湯気を出しながら卓球に行き、仲間のBBAたちにぶちまけた。

ほんの少し温度が下がった。

 

家に帰ってスマホを開くとポンタから

#検査結果はモンダイないって!少し 【痔】 があるって#

ぢ かよッ!!

なぜか今、ココロが決まった。

オット君との旅行はこれが最後! キャンセル料が惜しいし

お金と時間と青春…もとい忖度ばかりの 【私の人生】 がもったいない!

 

 

自己責任

軒下から自転車を出そうとしたら、ちょうどペダルの下あたりに黄色っぽくてゆるいミソ状のものがこんもりと二つ

う〇こではなさそう (無臭)

軒下でまったりしていたノラ猫が、急に吐き気をもよおしたんだろか

片づけるのが気持ち悪いんで、とりあえずカリカリに乾燥さしてから掃除しようと、きょう一日放っといた。

あれ、どーなったかな?と見たら…なんと

 

キレイになくなっていた。

もしかして、オット君が? まさか…ありえン

と思いつつ、万が一ってこともあるし 「アレ、片づけた?」

答えはやっぱり NO!

 

ノラ公がお掃除しにきたんだワ ♪

いや、もったいなくて食べに来たか (笑)

食感が変わって得した気分だったでしょ~~。

ばばばばばばばばばばば

大変ごぶさたをしました。

生きています ♪ 入院もしていません。 三度のご飯もおいしく食べています。

心配して (死んだか?と) お電話くださった奇特な某さま、ありがとうございました。

 

年に一度の陶器市にA葉の森公園へ出かけた。

近くまで来たところでオット君が 「トイレ」 っつってコンビニに入った。

スッキリしたオット君、エンジンをかけたら…ばばばばばばば・・って、なかなかエンジンがかからない。

サイドブレーキを押したり引いたり…をいをい、車がバックし始めたヨ (汗)

すこし時間をおいて再びトライ! ダメだ。

 

ダッシュボードからEでザイン損保に電話をしてコンビニまで来てもらうことになった。

待つこと30分弱

「バッテリーが壊れた」 そうで、エンジンをかけてもらって (また動かなくなっちゃ大変) ってわけで、そのままM原へUターン ↓

でもま、コンビニの駐車場でストップしてよかったァ。

これが交差点だったら…申し訳ないやら恥ずかしいやら

※車を購入して7年、一度もバッテリーを交換していなかったンですって!

ったく ( 一一)q

おカマはムリ

27日から2泊3日で山形へ行ってきた。

今回の連れはオット君ではなくOL時代の友人 ♪

M原を定刻に発車した特急電車だが、30分足らずで止まってしまった。

車両故障だとか…。

5分過ぎても動き出す様子はない。

10分過ぎたころにようやく動き出したが、新幹線には…ダッシュで間に合うかどうか… (;O;)

車内を歩いていた車掌サンをとッ捕まえて事情を話す。

「山形新幹線の指定を取ってるし、友人が大宮から乗ってくるンだけど…間に合わない!どーしたらいいのッ?」

パニクっちゃってほぼ絶叫に近い!

車掌サンに教えてもらったとうりにK夫人に電話をかけるが…彼女もパニックの上に構内の騒音で聞き取れないらしい…( ノД`)

なんとか連絡がついて、次の列車の席は離れているが同じ車両に乗れた。

スマホのラインで会話する (^^;)

 

山形到着!

《山寺行き》 に乗り換えて下車、早速荷物をコインロッカーに預けていざ山頂へGO~~

階段がキツイ! 何度も諦めかけたが、おりてくる人たちが

「もうすぐですよ♪」 「あと30段ぐらい♪」 「もう少し」 と励ましてもらって…ついにテッペンに到着 ♪♪

もンのすごーく爽快! 風が心地いい🎵

15分ぐらいいて下山

ふもとのお土産やサンの 《ずんだソフト》 がすごーくおいしかった。

私の中で、姨捨のあんずソフトと1位2位を争うくらい

電車の中は下校の高校生で混んでいた。

私にひとりの小柄な女子高生が席を譲ってくれた。←人生初、いやでもBBを実感させられる=3

天童温泉に泊まる。

Tるや旅館…想像していたよりもかなりリッパ!

通されたお部屋も広くて、なんだかもったいない気持ちになる…なンせこんなとこ初めてだもんで。

温泉は…熱い! 外の露天風呂で開脚屈伸運動で足の疲れをとる。

夕食は畳敷の食堂

粒ぞろいのかわいい仲居サンたち ♪

しか~~し、念願の米沢牛?が硬かったァ←牛肉じゃなくマトン?

青竹を切った洒落たお銚子のお酒もおいしかったのに…お肉だけがザンネン

 

二日目

旅館の車で、「さくらんぼ狩り」に送ってもらった。

カリウムの数値が高いので、ふだん果物はあまり食べないのだがここは別!

食った 食った…3年分ぐらい食べた。

で、次…憧れの銀山温泉に向かう ♪

大石田で下車

旅館のお迎えバスで温泉街に到着

ここもC国やK国に浸食されはじめているという (ーー゛)

予約していた宿は、やや小ぶりながら…部屋も狭い (^^;)

お風呂も小さい が、お料理はかなりよかった。

街並み? ポスターどおり! 写真を見過ぎていたせいか、感動がうすい (笑)

 

三日目

蔵王のお釜に行く…。

山形駅から蔵王に行くには、バスがいいか電車がいいか。

調べてみたら発車時間はバスも電車もほぼ同じ

それなら電車のほうがラクっしょ♪ ってワケで《蔵王行》の電車に乗った。

山形から蔵王まで一駅!ほんの5分足らず ♪

※県庁所在地から5分足らずで蔵王 (山) に着くなんて、フツーの人ならすぐ気づくよね (笑)

っていうか、見渡せばわかりそうなもんだ

ところがこの2BBはそろって気が付かないのだ。

蔵王っつったら蔵王なのだ!!

蔵王駅に着いて駅員サンに

蔵王のお釜に行きたいがバス停はどこか? 訊くと

ここから蔵王行のバスはない

…ここは紛れもなく 【蔵王】じゃないか… (;O;)

それならタクシーで行くからタクシー会社の電話番号を教えてほしい

(番号を教えてくれて)

そのときに料金も訊いた方がいい とアドバイスしてくれた。

料金を訊いたら…片道…なんと1万円 (落)

※蔵王のお釜って宮城県なんだと

おカマはムリと諦めて、なんとか山形市内の見どころを調べて

 

行ったところが 《文翔館》 ぶんしょうかん

国指定重要文化財だゼ いわゆる 旧県庁舎 威風堂々のリッパな建物だゼ~。

ビールと米沢牛の燻製やら豪華おつまみをしこたま買い込んで、満席の新幹線に乗りこむ。

BBふたり並んで かんぱ~~~~い ♪「お疲れ~~また行こうねぇ」

お し ま い