それぞれのBBたちの日々


父の法事で岩手(三陸)に帰省したデス。

3.11の津波で線路(単線)が流されて、今はBRTというK国アイドルみたいなバスが線路があった場所をチンタラ走っているというマコトに悠長な?不便な道のり。

ま、義姉が迎えに来てくれたんですがネ。

実家に着き、両親の位牌に手を合わせソファーに腰掛けると、気を利かせた義姉が 「ま…どーぞ」と早速に缶ビールと戻り鰹のお刺身を出してくれた。

いや…これから友人が迎えに来るし…その前に酔っ払うわけにゃイカンだろ…。

と思う気持ちを口には出さず、ほんじゃ ま 1杯だけ。

が、2杯…350ml缶ってコップに2杯でなくなるんだよネ。

すかさずもう1缶…今度は500ml

友人が来た頃には、しっかり出来上がっていた。

津波による道路敷設工事のためだとか…?で、新築移転した友人宅は、そりゃもぉ寡婦一人暮らしにゃ広すぎる(掃除がめんどくさそ)気がするが、近くに住む姉妹やら娘、孫たちが泊まりに来るそうで各部屋にベッドが置かれてる。

料理上手の手際のいいお料理が次から次と並べられ…歯のない私としては(食い切れね)と若干引き気味。

ここでもビールをガッツリご馳走になって休んだ。

 

翌朝は友人に実家まで届けてもらって、義姉と二人だけの法事。

お昼を済ませて、夕方まで兄夫婦と過ごし(兄は車椅子生活)ていて、ふとキッチンカウンターの上の青い箱が目に止まった。

『ダスモック』  なんだこりゃあ!

義姉は愛煙家なのだ。

ダスモックつったらアンタ…青い箱に気管から肺の絵が描いてある、呼吸器官の薬でしょー。こんな薬を飲みながらタバコを吸い続けるって(ヲイヲイ)

洗濯物を取り込んで来た義姉にわざと、あれ…ナニ?と訊いた。

「あっりゃ〜〜見られたかァァァ!(汗)」

それから私の怒涛の喫煙禁止攻撃が始まった。

義姉はやめたい気持ちはあるが自分の意志が弱いから実行に移せない…ような言い訳をするので

「よし!禁煙パッチで禁煙しよう!!」と私が決めた。

どこに売ってンの? どうやって使うの? 高いの?大丈夫なの? 私ができるかな? などと心配し始めたが、そもそも高いの?って、毎日吸うタバコの値段を考えてみやがれ!パッチだから貼るだけだよ!薬局で買えるよ!と言ったが、このまま私が帰ったら、きっと義姉の禁煙の日は永遠に来ない。

「きっと5000円でお釣りがくる」とテキトーなことを言って5000円を預かった。

その晩は、友人宅にもう一人の旧友も(ホントは大酒飲みだが、重度の糖尿病の夫の介護があるので車で来た)呼んで、私一人だけ飲み、3人で大盛り上がりして帰ってった♪

泊まらせてくれた友人は60代半ばに夫(私たちと同じ高校の同級生)をガンで亡くし、私の義姉は今、事故で半身不随の兄の介護(ほぼ毎日ディサービス)改めて家族の健康に感謝する気持ちを持った今回の帰省っした。テヘ ペロ

義姉には何がなんでも絶対、ぜーぇったい禁煙させねばならぬ。

それぞれのBBたちの日々」への6件のフィードバック

  1. うらやましいなぁ
    帰る実家がある
    兄嫁さんが優しい

    私は 実家という家はまだあるけど
    兄嫁という未亡人が住んでる
    私は二度と 帰らない
    誘われない  
    どうでもいっか

    姉さんのブログを読んでたら 愚痴りたくなっちゃった
    スマソ

    1. ayoちゃん
      義姉、義姉って建てつけの悪い引き戸みたいだけど、私より3ヶ月若い1学年下の『タメ嫁』(笑)
      意志薄弱だけど(笑)よく気を遣ってくれる優しい兄嫁デス。
      ※私だって嫁いびりしない素直な小姑ッスけどぉ
      とは言え、両親が亡くなった今は、法事などのイベント(この計画も兄嫁次第だね)でもなきゃ敷居が高くてとてもとても…。

    1. ayoちゃん
      お〜〜っ!!
      時々電話してハッパかけたり、叱咤激励して「どんなに時間がかかっても母の法事までには成功させてヨ!」(私が次回行くまで)と【圧】をかけ続けます。

  2. タバコを止めて丸21年経ちました。止めて本当に良かったと思います。昔の同僚のおじさん(故人)はタバコ好きで、この人だけは死ぬまでタバコを止めないだろうなと思っていたら、禁煙パッチだか、錠剤だかで見事に禁煙に成功❗️お義姉さんも禁煙成功するとイイですね。

  3. 蛮ちゃん
    禁煙の話をするたびにレオナルド熊さんの 「俺はハタチになる前にタバコをやめた。大人になってタバコを吸うやつの気が知れない。オトナのクセにタバコが体に悪いことを知ってて吸う…バッカじゃねーの」っていうのを思い出す…ううう(熊さん愛 (涙)) きっと成功する!次は甥っ子だ!こいつはそーとー重症ッス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください