シンプルなお墓参り

5月2日の母の七回忌法要にオット君と二人で帰省してきた。

1日の午後に着いて…義姉は供花やお供物の用意などで一人バタバタ忙しい様子。

わたし? なんにも手伝わない…何したらいいかわかんないしぃ。

でも、退屈(汗)まだ午後の4時(飲み始めるには早すぎる)←とオット君も同じことを考えてるっぽい。

作業があらかた片付いた義姉が退屈そう(飲みたそう)にしている小姑夫婦に気を遣ったか

「ちょっと早いけどはじめよっかァ」と言ってくれたが

都会勤めの甥っ子(長男)がまだ到着していないを気にする私に

「あんな(自由な)のを待ってたら夜中になる!」と兄が言うので、始めることにした。

冷蔵庫の中は発泡酒じゃないホンモノの500mlの缶ビールだらけ♪

兄夫婦とクリオネ夫婦の後期高齢者ひとりを含む高齢者4人の飲み会。

午後4時20分開始!

なんだろ?特に面白くもないネタにナゼかいちいちウケて爆笑するんだワ。

ンでビールがススム。空の500ml缶がバッッカンバッカンたまる。時計に目をやると7時少し前。

ヤベッ!セガレが着く前にみんな酔っ払うヨ。

「いいんだ、いいんだ!酒は酔っ払うために飲むんだ!セガレなんか心配すンな」で、またギアを入れ直す。

甥っ子が着いたのは8時過ぎ?(記憶にないデス)

GGBBはすでに呂律は回らないワ、目も虚ろ…それでも東京で一丁前に働いてるセガレの近況を(リモートだとか)聞いてうなづいたりポカーンとしたり。

シコタマ酔っ払って、タクシーでホテルに戻りバッタン、キュー

翌日(法事)、アルコールが抜けないまま実家に行くと、義姉は目の周りの赤みを残したままフラつく足でお寺に行く準備をしていた。

 

お寺ではお坊さんの御法話…長い…長い…舟を漕いでしまいそう。

みんな揃ってお墓に行き、準備を始める…が、お花がない!?

お花はお寺サンに置いてきたみたい。(お墓は5〜60段ほど階段を登ったところにある、もう一度降りて登る気力はゼロ)

ン?お線香は? え?お線香?私、知らない…。

エ〜〜〜〜ッ!(家から持ってくるのを)忘れた!!と義姉

お花もお線香もない日本一シンプルなお墓参り。

義姉はとても落ち込んでいたが、なんつったって姉家族以外は全員二日酔いだもん、仕方がないよ。

 

 

 

 

シンプルなお墓参り」への2件のフィードバック

  1. 良いなあ
    姉さんは まだ たっぷり飲めるんだぁ
    私は あんまり飲めなくなっちゃった
    jjbb4人の宴会 楽しかったでしょうね
    きっと お母様もそれを見て 笑ってらしたでしょうね
    残ってるものが楽しく暮らしていれば それでよいんだと
    思うよ
    夫は 無宗教なんだって 
    だから 法事をやりません
    姉弟からも何も言ってきません
    変な姉弟達です
    ま 私も無宗教だから いいけどね

  2. ayoちゃん
    自分自身が驚いてるデス。
    いつもは350mlを1本飲むだけ!!それ以上飲むことはほとんどないデス。
    義姉もほぼ毎日350mlを飲むだけだそうです。いやァ驚きましたよ。
    楽しかったァ〜〜♪甥っ子が来てまた盛り上がって(笑)
    ガバガバ飲めるんだから…5時間も ( ̄д ̄;)
    長くなるので書かなかったけど、翌晩も飲んだんです(汗)
    オット君は運転、私は横でグーピー

    オット君ちは神道だし…お経なんかに興味もないし…なので我が家は『樹木葬』
    死んだら、焼いて埋めるだけ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。