独立不羈

「200XLまであるんだってサ!」

と、突然オット君が大声出した。

読者さん、この意味わかります? 突然ですよ…なんの前触れもなく、突然

は? (呆然)

「わかんねーのかァ?200XLまであるんだってサ!」

(なんのこったよッ!わかんねーよッ。ってかクダラン話だ、きっと)

反応ナシに業を煮やしたか

「服のサイズッ!200XLまであるんだってさ((笑) 」

「はぁ、それがどーした イラッ」

「… (終了)」

心配すンな!!マツコでさえ30XL以内だろ

オット君の話には脈絡っつーか…まず主語がないんですよ。

突然思いついたことを言って、無反応に怒るンです(笑)

オット君は高齢者になって、いちいち酷く怒りっぽくなっています。

※ 蛇足—ギネスブックには400XLのアロハがあるとか

 

私、70歳になったらエンディングノートを「清書」することに決めました。

ずーっと前に買って、いつでも書き換えられるように(笑) 鉛筆でうすーく書いていたのですが、70歳になったらブレないように一度も使ったことがない『ガラスペン』でしっかり書くことにしました。

私のお葬式代は「家族葬」なので数十万、お墓は樹木葬、身辺整理は…断捨離がなかなか”(-“”-)”なので、便利屋に依頼してもらうことにして、その分を約30万 (テレビでゴミ屋敷に近い家の中でも30万円ぐらいだったので)

が、ほぼ貯まったから♪

※ 「気が変わったらまた買ってきて書き直せばいいしね♪」などの助言は不要。キリッ


独立不羈」への2件のフィードバック

  1.  ご無沙汰しております。ご夫婦共々、お元気そうで何よりであります。

     ワシも死ぬ準備をせにゃいかんなぁと、体調を崩す度に思うわ。とりあえず、部屋だけでもキレイに掃除しておかねば。と思い続けて早数年。片付くどころか、どんどんゴミ屋敷化してる(^_^;)

     エンディングノートをワシも書かねばなぁ。遺産(有るのか?)の分配やら、借金の分配やら(笑)

    1. 蛮ちゃん
      おかげさまで…と言いたいところですが、GGの言動にいちいち心が毛羽立つ思いをさせられています。
      エンディングノートを清書する!と決めたら、70歳まで待てなくなって(笑)書きたくて仕方がありません。
      マジで清書を始めます。 で、70歳の誕生日には二度目の『お写真』を撮る。
      どぉおお?いいでしょ
      節目の年にちゃんとした写真を撮っておく。
      あぁ別に『遺影』の予定ってワケじゃないん…遺影かな(^^;)
      財産なんてないから、遺された者の負担を少しでも軽くできるように、
      私の生命の末期&葬儀&処分を記しておこうとおもっています。

      >ワシも死ぬ準備をせにゃ
      死んでしまえば「あとは野となれ…」です。(笑)
      意識があって体が自由にならない状態が本人には苦痛でしょー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です