ヘビに食われた

hebi (ラージボール) 卓球の 『試合』 に行ってきた♪

15チームの 『リーグ戦』 だもんで疲労困憊で、終わったのは4時を過ぎていた。

ビリグループ (5組) の 『1位』 っつんで、春雨スープの 『賞品』 をもらえた。 (ビミョー)

※ビリグループの4組は私の卓球チームで、あとの1組は、発足後半年のチーム   w

 

岩手の兄から、電話で

「かーさんの足、切った。」 という。

以前から介護士さんから老母 (認知症) は、 『足がむくんでる』 と聞いていたので、締め付けない靴下を送っていた。

左足のヒザから下を切断したという…。

そういえば…祖母 (母の母) も左足のヒザから下を切断したんだっけ…。

あのころ、祖母に 「この足、どうしたの?」 と訊いたら

 

「ヘビに食われちゃった。」 と笑ってた。 (ホンキにそう思ってるみたい)

母も祖母も超高齢でリッパな認知症だもんで、悲しみや絶望感もなく、されるがまま… (~_~;)

医者や介護士の方針に不満などないのだが、なんだかキモチがモヤモヤしてる。

来月末に帰省を予定していたので、「その足、どうしたの?」 って訊こうと思ったが、老母は今はもう、口からコトバが出なくなっていたンだワ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。