閑話 閑話


目薬をもらいに眼科に行ってきた。

※オット君はことあるごとに「ちゃんとお金を払うのになんで《もらう》っていうんだ」というが、いちいち《処方してもらう》っていうのってメンドくさい!

眼科に歯医者に整形外科…出かける先は医者だけ。これが歳をとるってことか。

細木数子が亡くなったそうだが、週刊誌が本当のことを書いていたとしたら、あの世で島倉千代子に会ったらちゃんと謝罪しろよ!って思ったりするが、私ゃあの世とかを全く信じちゃいない。が、生前、母や祖母をからかうのによく遣った…あの世(笑)

祖母には「あの世に行っておじいさんに会っても『あぁお父さん』とか言って手ぇなんか握っちゃダメだよ。相手は40代で亡くなったんだからおばあさん(没103歳)と比べたら孫ぐらいの年齢差だよ!(なんだ?この色ボケBBぁ)なんて思われたら悲しいでしょ(笑)」「アンタってどうしてそー意地悪なのっ」って怒ったもんだ。

母には「今頃はあの世で再婚してるかもネ。見かけても気づかれないようにそーっと隠れてあげなネ。キャンキャン口うるさい気分屋BBから解放されて今頃は穏やかに暮らしてるはずだから(笑)」耳が遠い母にちゃんと聞こえたんだか納得したんだか…反応はなかった。

 

義姉に【禁煙パッチ】を送って2週間が過ぎた。どーなっているんだろ。

「禁煙に成功したら電話してネ。」って言ったけど気になって仕方がない!

お正月には娘や孫たちが集まって「すごーい!BB タバコやめたんだ!すごーい!!」って褒められるかな♪

がんばれ〜〜 Tちゃ〜〜ん!吸うなヨ 吸うなヨォ〜!!

 

 

禁煙パッチ


禁煙パッチを送った後で義姉に電話をした。

「きょう送ったから届くまでの2〜3日、死ぬほど(タバコ)吸っとけ!どーせ2〜3箱買いおきしてるんだろから(笑)」

翌日

「届いたヨ♪ どーすンの?これ…」

箱に書いてあるだろがっ!読む気が全くない…字が小さくて読めないんだろか。

「1日目は胸に貼るらしい。で、2日目は右腕、3日目は左腕、4日目は背中…同じところに貼り続けるとカブれることがあるみたいだから、あっちこっちに貼ることをお勧めって言ってたヨ。」

「はい、わかった♪」

「タバコは吸い切った?」

「まだ3箱ある^^;」

捨てろ…とは言い難いな…1500円だし。

 

右の耳に1本、左の耳に1本、両方の鼻の穴にそれぞれ1本づつタバコを突っ込んでイッキに吸えば5回で1箱が空く!!

やってみなヨ♪ 今のうちだよ♪ とグッドなアドバイス授けた。

 

その後の経過を訊きたいけどなんだか怖くて電話をかけられない。

もしかしてまだ箱の封すら切ってない気がして

それぞれのBBたちの日々


父の法事で岩手(三陸)に帰省したデス。

3.11の津波で線路(単線)が流されて、今はBRTというK国アイドルみたいなバスが線路があった場所をチンタラ走っているというマコトに悠長な?不便な道のり。

ま、義姉が迎えに来てくれたんですがネ。

実家に着き、両親の位牌に手を合わせソファーに腰掛けると、気を利かせた義姉が 「ま…どーぞ」と早速に缶ビールと戻り鰹のお刺身を出してくれた。

いや…これから友人が迎えに来るし…その前に酔っ払うわけにゃイカンだろ…。

と思う気持ちを口には出さず、ほんじゃ ま 1杯だけ。

が、2杯…350ml缶ってコップに2杯でなくなるんだよネ。

すかさずもう1缶…今度は500ml

友人が来た頃には、しっかり出来上がっていた。

津波による道路敷設工事のためだとか…?で、新築移転した友人宅は、そりゃもぉ寡婦一人暮らしにゃ広すぎる(掃除がめんどくさそ)気がするが、近くに住む姉妹やら娘、孫たちが泊まりに来るそうで各部屋にベッドが置かれてる。

料理上手の手際のいいお料理が次から次と並べられ…歯のない私としては(食い切れね)と若干引き気味。

ここでもビールをガッツリご馳走になって休んだ。

 

翌朝は友人に実家まで届けてもらって、義姉と二人だけの法事。

お昼を済ませて、夕方まで兄夫婦と過ごし(兄は車椅子生活)ていて、ふとキッチンカウンターの上の青い箱が目に止まった。

『ダスモック』  なんだこりゃあ!

義姉は愛煙家なのだ。

ダスモックつったらアンタ…青い箱に気管から肺の絵が描いてある、呼吸器官の薬でしょー。こんな薬を飲みながらタバコを吸い続けるって(ヲイヲイ)

洗濯物を取り込んで来た義姉にわざと、あれ…ナニ?と訊いた。

「あっりゃ〜〜見られたかァァァ!(汗)」

それから私の怒涛の喫煙禁止攻撃が始まった。

義姉はやめたい気持ちはあるが自分の意志が弱いから実行に移せない…ような言い訳をするので

「よし!禁煙パッチで禁煙しよう!!」と私が決めた。

どこに売ってンの? どうやって使うの? 高いの?大丈夫なの? 私ができるかな? などと心配し始めたが、そもそも高いの?って、毎日吸うタバコの値段を考えてみやがれ!パッチだから貼るだけだよ!薬局で買えるよ!と言ったが、このまま私が帰ったら、きっと義姉の禁煙の日は永遠に来ない。

「きっと5000円でお釣りがくる」とテキトーなことを言って5000円を預かった。

その晩は、友人宅にもう一人の旧友も(ホントは大酒飲みだが、重度の糖尿病の夫の介護があるので車で来た)呼んで、私一人だけ飲み、3人で大盛り上がりして帰ってった♪

泊まらせてくれた友人は60代半ばに夫(私たちと同じ高校の同級生)をガンで亡くし、私の義姉は今、事故で半身不随の兄の介護(ほぼ毎日ディサービス)改めて家族の健康に感謝する気持ちを持った今回の帰省っした。テヘ ペロ

義姉には何がなんでも絶対、ぜーぇったい禁煙させねばならぬ。

33回忌で


自転車を引っ張り出し、またがった。

…あれ? どこに行くんだっけ…右?左?え?どっち…。

ホンの数秒の認知症だったけど、この時の私の狼狽っぷりは想像に難くないでしょ。

私の向かう先はメガネ屋。これを思い出してホッとしたその時

『こちらはM市役所です。行方不明になった人の情報を集めています…シノゴノ』

その人は70代後半で住所はここから30Kmも離れていて10日から行方不明なんだと。

こんなことを聞くたびにGPSのチップを埋め込めばいいのに!って思う。

世間の人は『そんなの人権侵害!』とか言うんだろが…本人だって今頃心細い気持ちで彷徨っているんだと思うし、私も埋め込んでほしい。

明日に認知症になって、『こちらはM原市役所です、行方不明になったガタイのリッパな…』なんて呼びかけてほしくない。

父の法事であさって実家に行く。

なんと なんと 『33回忌』

13回忌もスルーしてしまったから…と義姉が気にしていて、やっとコロナが少し落ち着いた日曜日にやるんだと。兄が通っている施設から『県外人との接触の有無』に神経質になっているようなので、高校時代の友人宅に泊めてもらうことにした。

実家にはお仏壇にお線香をあげにちょっと行くだけ。

あさっての晩とその次の晩と続けて、昔の仲間も呼んで 『女子会』

やっほ〜〜〜〜ぉ ♪♪♪  義姉よ、ありがとぉお

 

時すでに遅し


「ねぇ、最近ブログが動いてないけど、どした?」 と友人から電話があって、ずーっと忘れていたことに気がついた。

コロナ(出歩くな) コロナ(出歩くな)って、引きこもり続けりゃネタも見つかるわきゃないんで…忘れるワ。

約1ヶ月以上歯痛に耐えて…もちろん歯医者には通っているが、どうも芳しくない。

抜くことになるのかな…と半分諦めつつ、半分どうにかなるかな…と老乙女心は水溜りの病葉のように揺れる毎日。

電話の友人は 「インプラントはいいよ♪」 と勧めてくれるがいかんせんM原にゃそんな気の利いた歯医者はない!

というか、ンなもなァ口腔外科でなきゃダメっしょ!?

たとえ口腔外科が見つかったとしても通うには1時間以上かかるし…ムリ。

 

「《犬歯》・・・どうします?」と歯科医

(ンなこと訊くなよッ!どーせもう絶望的なんだろッ!)

「抜かなきゃダメなんでしょ?はい、抜いてください。」とBBの潔さを見せつけた とたん「はい!では麻酔しますね♪」

抜かれた・・・・・・貧血を起こした・・・潔いBBなのに・・・。

帰り道、自転車を漕ぎながら(あぁ、明日は卓球だァ、BBたちに笑われンなァ)どんなに暑くてもマスクは外さない!

血止めの筒型の綿を噛んだまま・・・まるで岸壁の船を繋ぐ鉄の塊に足を乗せて縞のTシャツを着て葉巻を咥えた哀愁漂う昭和の船乗りみたい。マドロスさんだネ。

 

あ!ヤバい。明後日、数十年ぶりに高校ンときの友人に会う約束してたんだァァ〜〜〜。

このBB、歯に衣着せぬ奇譚のない忖度なしの感想をするっと言う・・・心も口の中も傷だらけのBBには返り討ちに遭いに行くようなもんだワ。=3

 

純正


顔を触るとフワフワうぶ毛が気になって電動カミソリ(シェーバーではない!)を引っ張り出した。

最後に使ったのはいつだろ?それでも電池が生きてる。

ほんの少しスッキリしたのでついでにお化粧をしてみよう♪

ファンデーションを塗ってると、そんなに厚塗りしていないのに歌舞伎役者みたいに顔が真っ白!

日に焼けた?

それとも…真正BB色?

眉毛を描けば違和感がなくなるかも…。

まだまだ

頬紅をつければ…。

口紅だ!口紅!

…ダメだ、どんどんケバくなる。

 

オット君が帰ってきたらきっとなんか(ムカつくコト)言われる。

ティッシュでうっすら拭き取ってみると、なんか…いい♪口紅も少しだけ拭き取る。

 

オット君が帰ってきた。

なんか 顔を上げられない。(恥)

 

買い物に行くことになった。

そうだ!マスクだ♪マスク♪

 

スッピンで出かけるなんてとてもとても…って思ってた…2年前まで

猛暑のマスクに耐え続け、今じゃ 《お化粧が恥ずかしい》

くすんだ顔の純正のBB

禁酒


ワクチン接種を受けた翌日

お昼頃からなんだかカッタルくてゴロゴロしていた。これが倦怠感というヤツか。

買い物から帰ってまったりとYouTubeを見ていると、次第にほっぺたが火照ってきて卓球した後みたいに赤い。

熱は36°4。

午後3時、熱を測ると37°8

スマホを持って布団に入る。

この発熱と風邪の発熱の違いは《悪寒》がないことだ。熱い、足まで熱い。

オット君に足に向けて扇風機を回してもらう。

午後6時 38°7

冷えたゼリーを食べる。熱がスーッと下がっていくようなちょっとした爽快感。

午後7時 38°8

午後9時 38°2

こんなにマメに体温なんか測ってないでとっとと寝ろ!って思うでしょ。なぜか1〜2時間ごとに目が覚めるのッ!

午後11時 37°8

25日 6時半 36°9

9時 36°3

はい!復活

きょうは卓球の日だけど、身体中がポキポキしていてムリ!

なんだろ?摂取後に発熱するのは若い人って聞いてたのに…やっぱアレかな

 

接種した夜、禁酒を忘れて発泡酒を飲んじゃったからかな。

※ヒタイに貼った「熱さまシート」の使用期限は 2014.05 でした。

 

もうすぐ凧ではなく鳥


きょう、ついにワクチンの2回目接種が終わった!

15分の《様子見》が終わって、看護師サンが「これで2回目が終わったので、このシールを大切に保管してください。」と《接種証明シール》を渡してくれた。

帰ろうとすると、この話を聞いていたらしい同年代(そりゃそーだ、今は高齢者だけ)BBが私をとっ捕まえて

「え?もう2回目が終わったの?早い人は早いねェ。で、どぉ?頭痛くならない?大丈夫?」

いやいやそりゃないだろ!たった今打ったばっかりだよ。注射針を刺した時だけだよ痛いのは。しかもタメ口。

「大丈夫!熱が出るのは若い人らしいです。こんだけシコタマ生きてきたBBは耐性とか抗体とか色々持ってるみたいで…(笑)」と返したら、速攻納得した。

その隣のBBがよく聞こえなかったか

「ん?なんだって?」と捕縛BBに訊いてた。

靴を出しながら、二人のやりとりを聞いてると捕縛BBはほとんど私の言った一語一句間違わず耳遠BBに説明してあげてた(驚)

この二人もきっとワクチン接種でたまたま隣に腰掛けたアカの他人だよ。

耳遠BBの反応など聞かずに外にでた。

万一発熱してもいいように、あした好きなヨーグルトや果物を買ってこよう。

あぁぁ、なんか解き放たれた気分 ♪

あと1〜2週間でまたひとつ《耐性》ができる(笑)

数日前、ご近所ジェントルマン(80代だがとても姿勢が良くて優しいGG)が「2回目が終わったら…こうだね。」と両手を横にパタパタして笑ってた。

 

クリンクリーン


ちょっと前にアメリカから大金?が振り込まれる…とか、ウタカタの夢を見せてもらったことがあって

その時にマジで

「そんなアブク銭が入ったら《おそうじ屋さん》にキレイにしてもらう!」と思ったワケよ。

ウタカタの夢からはなんとか覚めたけど、キレイにしてもらいたい気持ちは増すばかり。

なにしろ築34年…できることなら床も壁紙も張り替えたいが、お金がない。

なんとか五百円玉貯金で頼めないか。

さだまさしの歌じゃないけど 『〜できる(提示する金額内)範囲でかまわないから〜♪』

D社はムリ!ここはパターン?が決まっているから 「ここはいらない、こことここだけ掃除して。」なんて融通は効かない。なので、フランチャイズのお掃除屋さんを検討することに。

◉社ーーーここは以前エアコンの掃除をお願いしたことがある。1度目はそりゃあ丁寧に掃除してくれた。差し出されたアンケート用紙には心込めた感謝の気持ちをいっぱい書いてカレに返した。

2度目は2階のトイレの掃除。(男共の立ちションの飛沫臭除去)←以来立ちション禁止。その時の掃除がアンタ、前回とは比較にならないいい加減さ。

タンクの中もお願いしましたよネ?と確認してしまった…が、「あ…そう…ですネ。」タンクの中も洗わずに「一応完了したんですが(確認してください)」はないだろッ!

2回目はアンケート用紙をよこさなかったんです。なるほどネ。

なので◉社は外し、別の似た社名の○社に問い合わせてみた。

希望をことごとく受け入れ、先日下見に来てくれた。

で、きょう

梅雨入り前に(ソファー等の大きな家具を外に出すため)なんとかリビングの掃除を完了させる。

で、あしたはキッチン&換気扇

※ 言い訳その1…腰痛のためキッチンの流し下の扉の掃除ができない!

その2…○社が6月いっぱいキャンペーンとかで見積もり料金がかなりお得だったもんで。

私は今、超物置状態の和室でブログを書いていま〜〜す♪♪

 

っらぁぁぁぁぁ!!!


ホームセンターに向かう私はチャリを漕いでいた。

歩道らしい歩道もなく路肩もないセンターラインもないザンネンな…それでも車の往来はフツーの道路。

左側を走っていると、向こうから片手でハンドルを握りもう片方の手でスマホを持って楽しそうに喋りながらこっちに向かってくる30代…いやいやオマエどこ走ってンだ?右側だろ!そもそもスマホを握ってンじゃねーよ!!

もぉ〜ぉお、ぶつかるッ!

止まったのは 私(負)

見た目…私が大関だとしたらスマホ逆走女は関脇クラス

私が止まったのをこれサイワイと横を通り過ぎようとしたので

「っらららぁぁぁぁ、スマホで喋りながらチャリ乗ンじゃないよッ!」と大声で注意した。

逆走女のすぐそばを歩いていた華奢な20代男子が、なぜかチラッと私を見て軽く頭を下げて通り過ぎた。

なんだろ?驚いたのかな?ビビった? 汗

 

きのう

コロナワクチン接種の1回目を受けた。

連日連夜マスコミが大騒ぎしているせいか、注射針がこっちに向かってくるとき少し緊張した。

が、以前このブログで心配した注射針はしっかり私の左腕の筋肉?に届いたようで、千葉県中のデブ専用会場に集められることもなく無事に終了!次回は6月23日。

なんかネ、2度目の接種後に発熱する人が多いとか…。

そン時ゃそン時♪ 夕飯の支度はスルーで寝てりゃいい♪

逆走女をホンモノ以上にブスに描いたけど…いいヤねどーせ関脇だし